7/上旬 葉山オオモリボート 沖ブイ釣り

2017年7月8日(土) 晴れ 大潮

釣り人:T、Y、M

 

どうも!Mです

そして、ねーさんとは私のことです笑

改めまして、ねーさんです!

 

先日、葉山にあるオオモリボートでボート釣りをしてきました!

私が信頼をおけるオオモリさん。

違うところでもボート釣りをしたことがありますが、初心者の私には怖い思い出しかなく、沖までボートを曳いてくれて、沖のブイにつなげてくれる。

風が出てきて波が高くなる前に、帰りの迎えに来てくれる。

そして、女性は無料でトイレの送り迎えもある!

安心と信頼のオオモリさんでしか、私はボート釣りをしません!断言します笑

 

当日は6時に出航です。

5時ごろ駐車場に到着し、仕掛けの準備。

海を見た感じ、凪です。これはボートも揺れなくていい感じっぽい。

f:id:go_fishing2017:20170718225905j:image

 

何回かオオモリさんを利用しているので、手順は大体おっけー。

受付が始まると、用意してある紙にボートに乗る人全員名前と住所・年齢、そして緊急連絡先を記入します。

そして、釣りたいポイントと何時までやりたいかを申告。最大で14時まで釣り可能です。お金を払ったらボート番号を言ってくれるので、そこに荷物を積み込みます。

あとは、心の準備と出航を待つだけ。

f:id:go_fishing2017:20170718225925j:image

 

さて、出航です。こんな感じでみんなで連なって沖まで曳いてくれます。

f:id:go_fishing2017:20170718225957j:image

根回り→沖ブイの順で回ってくれて、さて、沖ブイに到着です。

 

私は最初は何釣りにしようかと悩みましたが、とりあえずカワハギ狙いのジャリメで魚の反応をみてみることに。

最初は何も反応なかったのですが、徐々にカワハギ特有の「チョンチョン」と突くあたりがある。グッと来たので合わせると、ヒット!

無事にお目当てのカワハギゲットです(^^)

その後もやってみるのですが、当たりなし。

 

Yはテンヤで勝負です。買ってきた甘海老を付けて、いざ投入。

しばらくし、何かあたりっぽいのある。上げてみると甘海老無し。

何が食ったのだろうか…。

その後は反応がなく、Tが持ってきたキビナゴを付けて投入。

ん?これはしっかりあたりがあり、Yが合わせる!

何かかかっている様子…。上げてみるとこれ。

サバフグちゃんゲット。フグは重いから釣りとしては楽しめる。

そして、キビナゴの方が食いがいいんだね。

 

Tは、いつもジグを投げたり、泳がせ狙いなので、まずは泳がせる魚を釣るべくビシで勝負。そして集魚餌を買ってきていたので、それもオキアミに混ぜ混ぜしてね。

Tはビシが今回初めて。まずは勝手に少し度まどっている様子。

ハリスが6mとか、ボート釣りでは私はマネ出来なさそうだ。

 

次に、ジグに変更してみる。

うーんいまいち。そんなときはちょっと足をつかりながらクールダウン。

f:id:go_fishing2017:20170718230033j:image

 

次に、ペンシルでトライしてみる。

これはまったくの初心者である、海面をうまい具合にぴちゃぴちゃとやってみる。

こんな感じなのかな~としばらくやっていると

 

ん!?何かが追っかけてきている!!!海面がうにょんとなっているではないか!!

TとYもそれに気づく。Yは動画を撮りたいと言って、スマホ準備。

私は Yの助言に合わせて、ちょんちょんストップ、そしてまたちょんちょんとしゃくってみる。うーん、偽物だとバレたのか食ってこない。チャンスを逃した。

 

しばらくすると、ビシで勝負していたTにもあたりがきた!

上げてみると子サバちゃん。Tは初めてのビシでのあたりに喜んでいた。

この時のために購入した網に投入し、泳がせのために海に入れておく。

そして、その子サバちゃんでYが泳がせ開始。

仕掛け投入し、当たりを待つ。。。

 

一方私は、海面のうにょんが忘れられず、ひたすら投げては、しゃくってを繰り返す。

しばらくすると、また魚影が!!!なんか追っかけてきているーーーー!!

と叫び、食ってくれるのを祈りながらしゃくる。

・・・・キタッ!!

今年初のルアーでのヒットに心臓バクバク。そして、かかった魚が海面から飛び上がる。エラ洗いってやつじゃないかーーい!

えっ!?ってことはもしかして??

f:id:go_fishing2017:20170718230129j:image

 じゃーん!!

私が釣りたかったイケメン!シイラだーい。

もうテンション上がりまくりなのだ。この快感は忘れられません。

 

さて、泳がせの調子はどうかな?

あたりがないので、子サバちゃんは逃げちゃったかな~って思ってあげてみると・・・

f:id:go_fishing2017:20170718230154j:image

頭しか残っとらーーん、恐怖映像。。

何かがおるね。期待を胸に、いい調子で子サバちゃんを釣り上げるTからもう一匹拝借し、再びチャレンジ。

 

さて、すっかりペンシルにはまった私は、もう一匹釣ってやるぞ~とすっかり上機嫌。

投げているとたまに魚影が見える。よーーく見ると、ダツ!ダツ!ダツ!

まさかダツまで釣り上げるのか~??ってドキドキしたけど、食いはしなかったのだ、そんなに甘くないよね、うん。

 

しかし、また何かが追ってくるのが見える!見えるぞ!

そして、、、食った!

こっ、これは重いぞぉ~竿がしなる。私はゴリ巻きで有名なので、容赦なく巻く笑

すると、またシイラゲットじゃないかーーい!

スレ掛かりだったので、重かったみたいだ。しかしさっきよりもちょっとサイズアップ。うれしい。

 

ん?周りを見渡すと、何やら騒がしくなっているじゃないか!

海鳥が集まってきている、と思ったら来ました時合い!ナブラ~~!

私と反対側で起きたので、Yに竿を渡す!投げる!最初はうまくのらない。

また投げる、竿先がぐっと曲がる!食った!

これまたとても引くらしい。

う~~とか言いながら引き上げてみると・・ワカシちゃん!

これまた私好みのイケメン!

私も釣りたーいと思って、Yと場所を変えてもらったのだが、ダメだった…。

 

ふと横を見ると、今回はルアーを封印していたTもやはりジグの仕掛けを作っていて、まさに投げるとこだった。やはりルアーマン、このナブラは放っておけなかったのね。

一投目、まさかのあたり!そして例のごとくエラ洗い!!

シイラじゃん!!二人で叫んだが、竿がへちょいやつだったので、うまくフッキングできなかったみたいでばらしてしまった…残念すぎる~。

 

そして、最後まで真鯛狙いのビシで挑んだTには子サバちゃんしか釣れず、鯛ドリームは次回に持ち越しとなった。

 

一瞬、早上がりになるかなと思った波は、酷くなることはなく14時までたっぷり釣りを楽しむことができました!

f:id:go_fishing2017:20170718230407j:image

帰り曳いてもらっているときに、ナブラを見つけ、心だけ高ぶる。

 

浜に到着すると、オオモリさんが「何かつれましたか?」と聞いてくれた。

ワカシとシイラと…と釣果を話すと「これあげますよ」と。

なんと、カマスを2匹くれたのだ!オオモリさんのブログでは、カマスの時期は終わってしまったと書いてあったのだが、また戻ってきたらしい!

しかし、根回り小さめの群れが来ただけだったみたいなので、私たち沖ブイの人たちには釣れなかった。

遠慮なく、カマスをいただき帰路につく。

 

本日の釣果はこんな感じ!

f:id:go_fishing2017:20170718230250j:image

カマスも釣った感じになっているが、大目に見てね。

どのお魚もおいしくいただきました!

f:id:go_fishing2017:20170718230312j:image

f:id:go_fishing2017:20170718230329j:image

 

だんだんと魚が捌けるようになってきた私。いい感じ✌ 

 

 

横須賀うみかぜ公園、海辺釣り公園で釣り!

Tです。
今月(7月)上旬に、横須賀のうみかぜ公園に行ってきました。
今回はマイメンのCがうみかぜ公園で夜釣りをしてるらしく合流する形で参加。

仕事終わりで終電近い電車で横須インn。
世田谷区から横須賀は電車だととても行きづらいと学ぶ。

f:id:go_fishing2017:20170719104241j:plain

到着。

 

そして20分ほど歩いて、釣り場にも到着。

ノジマモール?の裏。

f:id:go_fishing2017:20170719104345j:plain

 

第一印象として、、


ダーク。🐧

 

なんというか、,


ダーク感満載な釣り場である。


灰色。👽


と思いながらCと合流。

 

彼は前回、江ノ島西プロで釣ったときの魚の内蔵や臓物で作ったとてもマッドな液体を撒いてイワシを釣っていた。

f:id:go_fishing2017:20170719104519j:plain

なにかの顔面(おそらく前回のウミヘビ)が浮いている。。🐤

この釣り場に相応しい。
とりあえず俺もそのマッドでイワシを釣って、
それを泳がしたりしてみる。
すると、

f:id:go_fishing2017:20170719104645j:plain

イカを感じる。。🐂

 

いつもなら、
イカーー~~ーーー!!!マジ卍イカヤバいじゃんパイセン卍イカっすよギャー
となるんだが、、
なぜだかこの釣り場に馴染めずウダツがあがらない。。
知らない人のお通夜に参加してるようなマインドが自分を覆っている。。
スピリチュアル的なものなのだろうか。。

 

と、思いながらもとりあえず釣り場を散歩してみる。
ネットの情報だとここは青物も回るらしく結構人気らしい。

散歩をしながら「そういえば、、ここきたことあるな。。」と思い出す。

去年だったか、
おれはここでルアーを7投してすべて根がかり。ルアー7個すべて失うというパーフェクトゲームをやり遂げた場所だということを思い出す。

そしてその時もダークな気持ちで胸がイッパイになり、
逃げるようにお隣の「海辺釣り公園」に移動したんだった。
「海辺釣り公園」は良い感じの釣り場だったな~

 

と、思いながらもせっかく来たし、わりとCはここが嫌いじゃないみたいだから、
ナイスな釣り座を探しながらブラブラ散歩~~

 

よく見るとスケートパークがあったりちゃんとトイレがあったり結構良い感じな場所でもある気がする。

 

そして、
ここで「ルアーを投げたらきっとイケそうだなナイスな釣り座だ」
と思った場所があるんですが、、

f:id:go_fishing2017:20170719104959j:plain

闇を感じる。。🐤


良さげな場所にはクーラーや水汲みバケツ、竿立て、等が置いてあります。

 

いわゆる場所取りのローカルルールでしょうか。

こういう事を平然とやらかすWackなパイセンの事を想うと我が心は セイントアンガーで満たされスネアにスナッピーを入れ忘れたあのサウンドの如くキンキンにいきりたつのですがラーズ神に「心が狭いね」と一蹴されたくないので「まぁこういう釣り場なんだなぁ~」と納得し、無心に還る。

 

しかし、、ガチ卍マジ下げポヨ。

 

とりあえずわたくし、
こういう釣り場はとてもニガテ。
なのでCに別のところに行こうよ~~と打診する。

 

するとCが「モッシュピット(MP)に行こう」という。
ということでMPに移動。
MPはうみかぜ公園をさら奥に進んだとこにあった。たしかにモッシュピットぽいっちゃぽい。

f:id:go_fishing2017:20170719105220j:plain

ここはドブ臭い。

 

そしてでかいクサフグがウヨウヨ。
付近にスミ跡は結構ある。
しかしおそらく後ろにあるショッピングモールの排水と直結していて流れがすざましく釣りづらい。

とりあえず竿を出すと案の定フグが無限に釣れる。


が!

f:id:go_fishing2017:20170719105333j:plain

良型のメバル。🐆
Cが釣り上げる。

 

おぉ~~~とおもったところで超絶気絶しそうな程眠くなったので寝る。
ナイスなおじ様がシーバスを狙っていた。

f:id:go_fishing2017:20170719105504j:plain

 

とりあえずおれはやはりこの辺りの釣り場になんか馴染めず、、
お隣の「海辺釣り公園に行こう~」とCに打診。
Cも寝ていたが「行こう」という運びに。

実は今までに海辺釣り公園ではねーさんがデカサバを爆釣させたり、Yが我々史上一番デカい魚を釣ってたり、と自分にとってはグッドバイブスポイントのイメージが強いので移動したいな~と思っていた。

 

結局ドブ臭さで大して寝れず。

 

早朝、「うみかぜ公園」から「海辺釣り公園」へ移動。

20分前後歩く。

 

着いたと同時にちょうど海辺釣り公園のオープン時間(5時)だった。

f:id:go_fishing2017:20170719105555j:plain

なんだろうか~~
とてもクリーンな気持ち!
クリアクリーン3本一気飲みしてゲロ吐いた後ぐらいフレッシュ!!!


自分は案外、

景色や雰囲気に対してのプライオリティが高いんだなということに気づく。。

いや~~~卍釣り場の雰囲気って大事なんすね~

 

とりあえずここでジグを投げる。
しかし、今日は長潮。
海がベタ~っとなっている。
先入観かもしれないが自分は長潮の時にルアーで釣れたことがないので釣れる気がしない~
が、 デンジャラスウーマンを口ずさみながら精神一倒を貫きひたすら投げる。

 

そして横のおじ様たちはカゴ釣りでサバを狙っている。
カゴ釣りって凄いよなぁ仕掛けっていうかシステムって感じだよなぁ

と、しばらくガン見ていると横のおじさまがサバを釣り上げた!
思わず「すげ~~~」と口に出てしまう。

 

すると、
なんと、
おじ様が「あげるよ~🐖」と!

お、おぅじさまぁぁびシャァァぁぁありがとございます!!!

f:id:go_fishing2017:20170719105659j:plain

マサバらしいです。
ゴマとのちがいわからんす。

他にも数名のおじ様たちがぼちぼちとサバを釣り始めている。
おじ様達はみんなで狭いエリアにコマセをかため打ちして渋い中でもサバを呼んでいるようで、
誰かひとりがかかると、必ず何人かがオマツリをしている!
が、皆さんで「きたぞきたぞ~ せーので上げるぞ~」と言いながらオマツリしていても息を合わせてサバを上げている!

これはなんか楽しい光景🐂🐫
と思いながら俺はルアーを止めて、ウキ釣りへ。

 

f:id:go_fishing2017:20170719105742j:plain

やはり大きいサバは手前では釣れないが小魚はぼちぼち釣れるので楽しい。

 

すると横では、
どこからどうみても釣り覇気バンバンなおじ様がデカいメジナをガンガン釣っている。

すぐ横なのに、、
おれにはメジナが釣れないんだよなぁ。。


スキルの差をマジマジ感じながらジ~っと見てると、、
おじ様が
「小さいやつはあげるよ~」と!
いぇぇえいおぅぅじぃさまぁぁぁああびしゃぁあビシャぁああありがとうございます!!!

f:id:go_fishing2017:20170719105919j:plain
小さいと言ってもおれにとってはデカいしマルマルしてて十分美味そうだ。
満身創痍の中、移動してきてよかった~~~

 

美味しそうなメジナをもらったところで、

ほぼオールナイトで動いていた疲れがピークに。
そして釣り場の温度が危険なほど上がってきた。。

Cは普通に日陰に移動していた、、

 

なので帰ることに。🐔

美味しいお魚ももらえて大満足、素晴らしいおじ様達に感謝です。🐔

 

疲労マックスの中うみかぜ公園から海辺釣り公園への移動はなかなかの労働でしたが、、やはりピンとこない釣り場でモンモンとしてるより、ピンとくるところへ移動する方が確実に良い事がある気がしますね  🐋

 

江ノ島 西プロムナードで釣り。PART2

Tです。
6月中旬、江ノ島西プロムナード aka 西プロに行ってまいりました。
今回はいつもの三人ではなくマイメンのCと行ってきました。

西プロは今年の釣り初め、いつもの三人で行って以来。
前回は大きいクロダイが掛かってタモ入れ無事完了と誰しもが思ったところで、クロダイウルトラCをかましツルッとバレました。
今回も一応クロダイ狙おうかな~と。

 

到着。

f:id:go_fishing2017:20170617000249j:plain

ちなみに西プロは大好きな釣り場です。
釣りにハマり始めた去年一年、
西プロに通い詰めたので、後日そのまとめの記事も書こうと思ってます。

 


本日はCと二人で釣りです。

Cはこの釣行日のちょっと前にここでタコを釣りました。

f:id:go_fishing2017:20170616233216j:plain
1キロのタコ。🐙
これはすごい。。
アティテゥードが完全にモンスターです。

 

 

そして、
とりあえず、
この日の釣果をまず先に。。👽

 

 

 

f:id:go_fishing2017:20170616233343j:plain

ばびょ~ん

爆コサバでございました🐟🐫🐪

 

この日は、
まずジグをやってみたのですが、
何か小さいのが興味を持って近づいてくるのが分かったので、
コマセを撒いてみることに。

 

そしたらコサバが乱舞です。🐣
もうあとは、

コマセを撒いて、
サビキで釣って、
以上のループアンドループです。

 

もう一日中、途切れることなく、コサバが釣れます。🎅

 

途中、Cがジャリメで、

f:id:go_fishing2017:20170616233540j:plain

ウシノシタaka舌平目。

 


そして続いて、

f:id:go_fishing2017:20170616233712j:plain

グリーンハゼakaアナハゼです。

 


お昼頃、

先日Cが釣ったデカタコのタコ飯を頂く。

f:id:go_fishing2017:20170616233857j:plain

超絶美味い。
Cは酢だこも作ってきてくれて頂いたのですがマジで美味い。

 

 

その後ものんびりとサビキで釣り続けました。
サビキと並行して釣ったコサバの泳がせも始めました。

 

そして夕方近くから泳がせにアタリが🎅

ゆるゆるにしてたドラグがジージー言って竿がブオンブオン。
キタキタキタ~~~☆彡と思ってアワセたんですが、

f:id:go_fishing2017:20170616234032j:plain

抜けました。。
コサバがヌルヌルして溶けています。

 

あとこいつもよく釣れました。

f:id:go_fishing2017:20170616234155j:plain

シースネイク。
名前とは裏腹にアティテゥードがやたらショボい。。

ちなみにCはこいつもブツ切りにして唐揚げで食べてしまう猛者。

 

日が落ち出してもコサバが釣れ続けました。
そして日が落ちだして潮目バキバキの良い感じになってきたところで、
ルアーをしていたおじ様が舌平目を釣っていました。

 

おれもルアーをやろうかなぁ~と一瞬迷いましたが、
クロダイを夢見て底の方にエビを這わせてました。
が、まぁダメでした。
とりあえずコマセが下までいかない(どこに撒いてもコサバ乱舞)のでお手上げでございました。

 

 

富士山がいい感じです。

f:id:go_fishing2017:20170616234359j:plain

西プロは眺めが最高。

 

日が落ちてしばらくしたら、コサバが止まりました。

 

ようやく止まったか~。と思ったら、
入れ替わりでコイツが。。

f:id:go_fishing2017:20170616234638j:plain
カタクチイワシ。🐆

暗くなってからはイワシがエンドレス🐆
ゴンズイも釣れます。

 

そして泳がせにもアタリが🐉

f:id:go_fishing2017:20170616234747j:plain

今回もバレる。。

 

再度トライすると程なくして再びアタリが、、!

今回はなんかついてる気がする。

しかし引きの感じからあまり良い予感がしない。。

Oh, I have a bad feeling about this 。。🐧

 

釣れたのは、

f:id:go_fishing2017:20170616235113j:plain

 

f:id:go_fishing2017:20170616235323j:plain

ア、アナゴか、アナゴなのか!?
こいつはなかなかのアティチュード!!
顔がアナゴさん(サザエさんの)に似てるからやはりアナゴだろうと確信。

 

おれは一瞬リリースしようかと思ったが、、

 

Cは一瞬の迷いも見せず、「食べる」と。
マジでリスペクトせざるを得ない。

ちなみにCはゴンズイも食べます。
ちゃんと毒針を取って持ち帰ります。素晴らしい。

 

コマセが無くなる夜9時くらいまでやりましたが、
この日はずっ~と魚が釣れてました🐨

 

泳がせのバラシがちょっと残念でしたが楽しい一日でした🐫

 

 


ちなみに今回釣れたお魚はCが持ち帰り、、

f:id:go_fishing2017:20170616235615j:plain

f:id:go_fishing2017:20170616235627j:plain

アナゴだと思っていたあいつは、
ホタテウミヘビというシースネイクの一種らしくかなり食いづらかったようです🎅

 

C曰く、
「味はそれっぽい。

しかし捌くのが大変な上に可食部分がかなり少ない。

割に合わないので次回からはリリース推奨!」

とのこと。

 

またコサバちゃん達は、

f:id:go_fishing2017:20170616235733j:plain

みりん干し。

 

あとゴンズイとアナハゼは塩焼きで食べたら美味しかったそうです。


いや~
釣った魚を食うプロセスってとても楽しいですよね。

そして、

不味い時はマジで不味い。🐫

美味い時はマジで美味い。🐪

 

醍醐味ですね~

今治で釣り。PART2 後編

そして次の日、、


気合を入れて3時半頃起き、富田新港に向かう🐔🐓

f:id:go_fishing2017:20170626212405j:plain

若干道に迷ってしまったので夜明けを逃す、、
が、ときめきを持ってジグを投げる!
やはりそこそこ深いし、潮の流れも良いので期待値は上がる。

 


そして、
数投したときに、

カツッッ🐔

としたアタリが続く!

なんかお箸でつままれているようだ。。
これはきっとアイツだ。と思い海を見ると、

 

やはり居ました。

f:id:go_fishing2017:20170626212548j:plain

ダツ。🐖

 

ちなみにこれは江ノ島で釣ったやつです。

嘴がレッドでなかなかのアティテゥードで私の好きな魚。🎅

 

ダツは獰猛でルアーを見るとすぐにアタックしてきます。
が、!
釣るのが結構難しい。。
嘴が細いのでフッキングがむずかしいのです。箸でつまむようにコツコツいじってきます。

 

見渡すと何匹もダツが。。表層をうようよしてます。

ルアーに猛アタックしてくるのですが楽しいんですがなかなか釣れず。

 

そして、、
一回フッキングしてテンションがガチ上がった!んですが、
なぜだか、こういう時に限って、
ドラグがゆるゆるでアワせたとたんに糸がジ~~と出る始末。。
当然がっちりフッキングせず、途中でバレる🐐

完全にイモ丸出し。

とかなんとかしてるとダツにルアーを見限られてしまい、
スレたダツだらけに。👽


さすがに獰猛なダツでも、一度ルアーに食いついてきた個体は見限ってしまい無反応になります。
ワームとかに変えると反応する個体もいるんですが、やはり食いつきはせず。

ちなみにダツは塗装がやられるのであまり狙うもんじゃないですね~

f:id:go_fishing2017:20170626213909j:plain

 

 

結局早朝は釣れず。。🐤

 

疲れたので昨日の鯛めしを。。🐢

f:id:go_fishing2017:20170626212751j:plain

鯛めし美味い。

「瀬戸」は良い店だったなぁ。
そして、寝る。

 

 

起きるとサビキ釣りをしているおじ様がいました。

 

何かを釣っている!


そして、、
即、捨てている!!!

f:id:go_fishing2017:20170626212916j:plain

スズメダイでしょうか?
とりあえず魚を見れてテンションがちょっと上がる。!

 

即釣即捨おじさんって全国どこの釣り場でもいるんだな~🐤

もはや釣り場あるあるですね。

いつかああいうおじ様のマインドマップを見てみたいな~

 

たしかに海面にはずっと魚がいます。

スズメダイっぽい。
こいつがいるところにはイカがよくいる気がします。

実際に、

f:id:go_fishing2017:20170626214336j:plain

スミ跡がすごい🐫
そういえば、早朝、良いサイズのタコを釣ってるおじさんがいたな。
タコやイカはよく釣れてそうです。

 

ここらで帰りのバスの時間が迫ってきたので今治港に戻る。

戻る途中で、
「あった」ので、寄って行きました!

f:id:go_fishing2017:20170626214446j:plain

全釣り人のレペゼン。
上州屋です。

 

あ~~
落ち着く🐋

He~~ give me that go~~~od Shit~


上州屋は富田新港の近くにあります。

 

サビキとコマセを買って、最後ぐらいなんか釣るか、、
と思ったのですが、

明るい未来を見据え、巨大な丸セイゴ針を買い、不退転のソウルで退店。

 

 

そして
今治港でもちょっとやりましたが、、

f:id:go_fishing2017:20170626214922j:plain

やはり敗北でございました🐖
今回もBOSE🐖🐖

 

疲労困憊満身創痍臥薪嘗胆。

 

最後に船着き場の新施設(「みなと交流センターはーばりー」なる施設)で、

f:id:go_fishing2017:20170626215026j:plain

スパゲッッッティイイイを食って帰りました。

 

 

それにしても、 

f:id:go_fishing2017:20170627225622j:plain

随分立派な施設が出来たな~🐔
経済特区効果だろうか。🐓

 

やはり今治は眺めがよくて最高でした。

 

今回の富田新港も、
f:id:go_fishing2017:20170626215207j:plain

いや~~~

こういう景色見れただけでも来た甲斐があったなぁ🐢🐢🐢

 

 

釣りに関しては今回も及ばずでございました。

 

もっとほかに釣れる場所はあるのかもですが、

今治で釣りたいなぁ。

 

今治で🐧

ジグで🐧

 

まぁまた来るので、
その時またやってやるぜ🐫🐔🐓

 

 

今治で釣り。PART2 前編

Tです。
6月上旬、今治にまた行ってきました。

前回の「イカを釣ろうと思えばいくらでも釣ることができる」おじさんが「5月になったらまたおいで」と言ってたので。

果たして今回は釣れるのだろうか。。

釣りたいな~~🐪🐪

 

とりあえず着いてすぐの朝、8時頃、
今治港へジグをぴゅーーっと。

f:id:go_fishing2017:20170616203610j:plain

 やはり深い。👽
深いというだけで、テンションがあがってしまう。

 

が、!
しかし、

釣れない。。
しかも結構な雨。。🐨
前回は「雪」だったなぁ。🐨


もはやこれはカルマなんだな早くカーマポリスが現れておれのイケてないカルマをなんとかしてほしい。


と、思いながらひたすらジグを投げる。


そのうえレインウェアが浸水し、上半身がビショビショになるという。。
こんなこと今まで一度も無かったのにな。。
おれの友達に小さいときから幽霊が見えるよ!というやつがいるんですが、
「雨の時、幽霊に肩を叩かれると肩がビショビショになるよ」と言っていたな。


と、思いながらひたすらジグを投げる。

 

が、
何も釣れず。。🐤


というか体が寒くなってきたので屋根のあるところに言ってモモ上げをして体を暖めることに。

f:id:go_fishing2017:20170616203823j:plain

モモ上げは速攻で体が暖まる。

 

体が暖まったところでひとまず撤退。

前回より小魚が多いような気がするから、夕方に期待。

 

とりあえずビシャビシャだし寒い。ので、
アーリーチェックインとか出来ないかな~と思い、、
本日お泊り予定の「ホテル菊水」に電話してみる。
このホテルを選んだ理由は名前が右っぽいからです。

 

そして、、
アーリーチェックインはできないけど、荷物は預かれる!と。
しかも自転車を貸してくれる!!と。

すばらしい御神対応万歳!!!

 

そして菊水に到着。今治港から徒歩10分くらいです。

f:id:go_fishing2017:20170616204956j:plain

家紋?みたいのがイケてます。


荷物を預け、チャリを借り、
このビシャビシャな状態を早くなんとかしようと、
ビシャビシャな状態でユニクロへ。

今治はもはや関東と同じような店がたくさんあります。
コンビニはたくさんあるし、はなまるうどん、ココス、ココ壱、すきや、吉野家、ほかほか亭、スシロー、ブックオフ、ゲオ、王将、ガスト、イーオン、加計学園獣医学部予定地、、などなど。
なんでもありますから便利ですね。~

とりあえずユニクロで服を買い、🎅
コンビニでレインコートを買い、🎅
吉野家で牛丼を食らい、🎅

と、今治を堪能していたら菊水にチェックインできる時間になったので、
インし、風呂インし、ようやくスッキリ!

 

いや~~~菊水いいとこです。
高尾山あたりにある年季の入ったラブホ感はありますが、
キレイです。
そしてwifiはうれしい。ただ電波は弱い。
あとこの使い放題のマッサージチェア

f:id:go_fishing2017:20170616205304j:plain

これは最高だマジで最高だ。。🐆


そして、再び今治港へ。
夕方になると地元の釣りカップルがおられ、
色々とお話してくれました。

このカップルさんの金言によると

とりあえず、今治は厳しい。ということでした。。🐟

そして南予は最高だ。ということでした。
「おかっぱりから水深50メートルあるんですよ!ヒラマサやブリが釣れますよ」と!。

おれは「おかっぱりの「ぱり」って一体何なんだろう。「ぱり」いらなくないかな「おか」だけじゃだめなのかな。」
と思いながら聞いていました。

そのカップルは何投かしてすぐに「浅川に行きます」といい、離れていきました。
そうか、浅川ってとこもあるのだな。と思いながら再びジグを投げる。

 

えげつない潮目とかがすぐ出来るので、期待値が上がる。🐤

f:id:go_fishing2017:20170616205534j:plain見てるだけで楽しい。

が!

 

まぁー釣れない。


そうしているとイケてる風のお兄さんが現れる。
一見軽装だったので釣りしそうな感じではなかったが、、
手品の如く釣り竿を出し、ワームで釣り始める。(5ピースの竿!らしい。)
このお兄さんは出張で今治に来てるらしく空き時間に釣りをしている、と。
そしてお住まいは東京で、なんと俺とかなり近いところだった!


こんな今治の漁港の先端で出会うとは、、
世間はNarrowだと感じざるを得ません。

そしてお兄さん情報によると、
昨日はここでガシラを2匹釣ったらしい。
また地元の人曰く、

キジハタやタイラバで鯛、時期に寄ってはブリも釣れる。

ということでした。

たしかにここでは超絶ナブラを見たこともあるから、なんかデカい青物が入ってくることもあるんだろうなぁと思いました。

が!

とりあえず今は何も釣れない(悟り)。🗿

お兄さんの話を聞いていてやる気が出てきたような気がしたんですが、
超絶寝不足と午前の雨ビショビショ、そして空腹により体力気力生命力の限界を感じたので菊水に戻ることにしました。

 

風呂入って、
再度マッサージチェアにもみもみしてもらい、

元気が出たので、夜ごはんを食べに行きました。

 

ホテルの近くにあった「瀬戸」というお店。

このお店の料理、、

f:id:go_fishing2017:20170616205841j:plain

 

f:id:go_fishing2017:20170616205907j:plain

超美味い!!!!!
刺身のキレがハンパない。

 

品数も多いです。

そしてリーズナブル!
東京だと5、6千円はしそうなコースが半額以下ぐらいで食べれます。
だ~~~い満足。🐤

しかも食べきれなかった鯛めしをお弁当にして頂きました!ううれしい~~鯛めし弁当~~

 

いやー生き返った。。

f:id:go_fishing2017:20170616210043j:plain

イケスの魚イカス。

 

元気になったので明日は早朝、富田新港に行ってみようと決意して就寝。

明日は釣れるのだろうか。。

 

つづく。。🐫🐪

 

 

国府津チャレンジ PART3

2017年6月10日(土) 晴れ 大潮

釣り人 T、Y、M

 

こんにちは、Mです!

最近、仕事が忙しい上に、出張やらであまり気分も体調も良くない今日この頃。

やはり気分転換には釣りしかありません!!

 

6/10(土)は、以前からオオモリボートを予約していて、大物を夢見て私たち3人は準備してきた。

しかし…

前日に風が強くて、出航できないとホームページで知る。悲しい。

そこで、釣りはするにしても、行き先をどうするかとみんなで話し合う。

以前、Tは国府津にヒラマサを狙いに行っていたが、本命は釣れなかったということで候補は

国府津

・江の浦

のどちらかになった。しかし、国府津を狙うには夜中の2時半には場所取りをしていないとチャンスさえ与えてもらえない…厳しい世の中。笑

しかし、私の体調はあまり良くなく、どう頑張っても2時半に挑戦することが不可能な気がする。

二人に相談して、夕まずめを狙って遅く出ることに。二人ともありがとう!!

そして、行先は国府津

 

お昼前に出発したが、東名が渋滞…

まぁ、まったく動かないということでもないので良しとしよう。

車中では、Yが握ってきてくれたおにぎりをほおばりながら。これまた塩加減抜群でうまいんだ。

 

さて、ようやく国府津到着。

まずは内田釣具店にてエサ購入と情報収集。

早朝はワカシが上がったようだ。前日にもめちゃめちゃ釣れていたことは内田釣具店のブログにてチェック済だ。

 

期待を胸に、海岸へ向かう。

f:id:go_fishing2017:20170613215331j:plain

 田舎感満載な感じ。

f:id:go_fishing2017:20170613215549j:plain

 お昼過ぎに到着したが、さすがにこの時間は人がいない。

さて準備と、って風強っっ。

なんか飛ばされそうな勢いだ。そりゃーボード出航しないよなと納得の感じ。

 

Tは偵察に海岸沿いを歩いていった。いつも先にいる人に「釣果」を聞いてくれる。

私はなんか苦手なので、自分からは話に行かないし、聞かれてもなんて答えていいのかとまどってしまうのだ笑

Tが帰ってると何か持っている。なんだ?

f:id:go_fishing2017:20170613225646j:image

「カニ捕った」

生きたカニを捕ってきたのだ。エサに使おうといってバケツに入れてた。 

 

さて、みんなで準備を開始し、釣り始める。

f:id:go_fishing2017:20170613225705j:image

まぁ、当たりないよね。まだ昼間だからしょうがない。

ってことで、私は焼きに徹する。笑 日焼けだ。

あまり数値の高くない日焼け止めをうすーく塗った後に、太陽に向かう。

私は変な性格だから毎年日焼け度で、夏にどのくらい楽しんだかを後々味わうのだ。

天気は最高だから、いい感じだ。

f:id:go_fishing2017:20170613225721j:image

 

ところで、TとYは今日はやる気満々らしい。

Yはひたすら投げている。

f:id:go_fishing2017:20170613231923j:image

Tはというと、投げサビキをやっているじゃないか。でも波高いからなんだか難しそうだ。

 

しばらく焼いた後に、私も再び釣り再開。

何回か投げた後に、何やら海面がおかしいことに気づく。

f:id:go_fishing2017:20170613232331j:image

ナブラだ!!!

 

私は叫び、ジグを投げる。

しかし、うまいところに飛んでくれない。いいとこ行った!と思っても釣れてくれない。

「Tさん早く!ナブラだよ!」って後ろを見るとなにやら仕掛けを作っている最中だ。

Tはこういうチャンスの時に、結構空振りしてしまうことが多い。笑

 

やっと仕掛けを作り終えたと思ったら、いきなり走り出した!!!

ナブラを追いかけている。そして隣にいたおじさんも一緒に追いかけている。

面白い光景だった。

私は、追いかける元気はなかったので、また戻ってこないかな~なんて、のんきだ。

 

なーーんて思っていたら、本当に戻ってきた!

これは近いぞ、イケる!!

今度はいいところに飛んでいくではないか。期待度MAX!!心臓バクバク。

 

でも釣れない…。ガックシ、、、

 

Tがナブラを追っかけた後、だいぶ遠いところからお戻りになった。

「あっちのおじちゃんは青いジグで釣れてた。あのナブラはカタクチイワシらしい。」

私はピンクっぽいジグを使っていたので、仰せの通り、青に変更。

 

そして、しばらく投げる。

でもやはり釣れない。そして肩も痛くなってきたよ~~

私はすぐくじける。そんなときは休もう、いや焼こう笑

f:id:go_fishing2017:20170613225946j:image

 

Yはめげずに投げる。そしたら、

なんだか竿先が重そうにしなっている。Tが「釣れてるんじゃん!?」と叫ぶ。

あまり生命反応はなさそうな感じだったが、あげてみるとなんと!!

f:id:go_fishing2017:20170613230004j:image

 ワームとジグの三点セットゲット笑

ある意味すごいぞこの子は。

「これでボウズ逃れかな?」って聞いてくるもんだから、そんな訳あるかい!とツッコむ。

 

私は完全に戦意喪失だ。

狙いの夕まずめの時間になったけど、なんかもう疲れてしまった。

でも海を眺めながら日焼けしたことで心は大満足だ。

f:id:go_fishing2017:20170613230029j:image

すでに足が黒い。

 

YとTはずっと投げている。尊敬するわ。

しかし、本当に今日は波が高い。

f:id:go_fishing2017:20170613225737j:image

そして、Yはちょい投げの仕掛けに変更。Yはジャリメがつけられない笑

私が代わりに付けてあげる。

 

一投目だったか、「ビンビンっ」と竿先に当たりが伝わったのが見えた。

「来てる!!」と私が叫び、Yは合わせる。

最初は乗ったみたいだけど、途中から軽くなったみたいでバレたかな?って表情だ。

引き上げてみるとやっぱりエサだけ取られていた。残念。

 

新しいエサを付けて、再びチャレンジ。

そしてTはちょい投げに反応があったことで、同じ仕掛けで挑むことに。

 

二人とも頑張るなぁ~。と感心していたら、Tが

「ジグ狙うならこの時間しかないよ!」と教えてくれた。

 

よし、最後頑張るか。と再び投げるがやっぱり肩いたーーい、、

2投目くらいで、やっぱりやめる。

 

ここで、ふと気づく。

今まで三人ともボウズの時はないんじゃないか?と。

やばい、誰か釣ってくれ~と願っていた。

 

そして最後の最後でYに当たりが!!!

今度はしっかり重そうだ!Tが急にテンション高くなり、竿を無造作に置いてYに駆け寄る。

「なんだなんだ??」

 

そして、ようやく姿が見えた。

f:id:go_fishing2017:20170613230200j:image

ジャーン!!カワハギゲット!!

しかもなかなかの良型!!

釣ったYよりもテンションの高いT。見てて面白い。

 そしてYのおかげで、三人ボウズの記録は免れた。よかった~。

f:id:go_fishing2017:20170613230223j:image

貴重な一匹を持って帰ろうかって感じになったけど、なんだかここにきてやる気が出た私は、「今捌いてみんなで食べよう!」と提案してみる。

といったものの、捌くのは苦手な私。Yに教えてもらいながらなんとかやってみる。

f:id:go_fishing2017:20170613230250j:image

f:id:go_fishing2017:20170613230304j:image

 

お腹がパンパンだなぁとは思っていて、めちゃめちゃ肝入っているのかな~と捌いてみると、なんと卵が入っていた!

f:id:go_fishing2017:20170613230323j:image

Yがすかさず、「Tは卵とか好きそうだから残しておこう」と。

頭を落としても、体がぴくぴくうごくカワハギちゃんにビビりながらもなんとか捌き終える。

 

近くにコンビニに行き、お皿と箸と醤油を買って食べてみることに。

f:id:go_fishing2017:20170613230359j:image

「せーの、でみんなで食べようと」Tが提案。

「いただきまーす」

口に入れた瞬間、みんなで「旨い!!」と口を揃えて言っちゃいました笑

 

そして豪華ディナーにはできなかったので、安定のバーミヤンでしゃぶしゃぶバイキングを食べて、お腹いっぱいに帰宅しました。

 

翌日、持ち帰ったカワハギちゃんの卵を食したTから感想が。

f:id:go_fishing2017:20170613230420j:image

「超絶美味い。まるでケンタッキー」と。

なんだか想像つきにくいが、おいしかったことに間違いないようだ。

 

梅雨が明けて、7月にはボート釣りトライしたいですね。

そして、私はシイラ釣りたい!!

 

 

f:id:go_fishing2017:20170614000637j:plain

ノーフィッシング

ノーライフ

 

 

 

国府津でヒラマサを狙う。PART2

Tです。
先日(5月の中旬頃)、国府津に一人で行ってきました。

国府津を知らない方に簡単に説明致しますと、

国府津というのは神奈川県小田原市にある海で、ラブライバーとルアーマンで聖地の取り合いをしています。

そして西湘の経典こと内田釣具店ブログ様によると連日ヒラマサが釣れているようなのです。

これはヒラマサドリームを見ざるを得ない。。

 

ということで
前回の教訓を生かしまして、、
終電で挑むことを決意。
仕事終わりですでに満身創痍でありますがゴーゴー🐫🐪

 

到着。

f:id:go_fishing2017:20170530124358j:plain

国府津駅構内にこの写真が!

これの他に「67センチ真鯛」という写真もありました。

国府津では真鯛も釣れるんですね~これはアガる🗿

 

そして、、

f:id:go_fishing2017:20170530124438j:plain

すでに釣り人が待っている。恐るべし。。

 

おれはとりあえず海へ向かう。

着いたのは1:30頃でした。真っ暗。

さすがに一番だろうなぁと思ったら、
一人先客の方が一番右(テトラの方)におられました。

おれは、まぁまぁ右の方に陣取り、キビナゴをぶっこんで夜明けを待とうかと。

f:id:go_fishing2017:20170530125402j:plain

生きてるヒトデのアティテゥードはハンパない。

 

とかしてるうちに2時半頃になり、どんどん釣り人が集まってきます。

見ていると、

一番右(テトラ)の方と、真ん中辺り(入口のスロープ)から、埋まっていきます。

俺の横にもおじ様が一人入ってこられました。
「すいません~あとで連れが2人来るんですが横いいですか~」と。
お声を掛けてくれました。
グットマナーリスペクトでごさいます。

そのおじ様は地元の方のようで、色々お話ししてくれました。
ここでナイスな情報を頂きました。

 

「ヒラマサは連日かなり右(テトラ)の方で上がっているよ!」

と、

そして俺がタチウオ釣りたいです!というと、

「タチウオはスロープ下。入れ食いの時もあるよ~」と。

 

もう釣り場は続々と釣り人で埋まっていて時すでに遅しですが、有益な情報に感謝です🐤

なるほどやはり実績のあるところから埋まっていくんですね~

そしておじ様は
「俺らはサビキでイワシを狙うよ~。まぁ青物も狙うにしてもイワシがこないと釣れないからね~」と。

そうかイワシがすべてのバロメーターなのだな。
そしてヒラマサやタチウオがいるのにイワシを狙う。。
おじ様のブレないスタンスにもリスペクトもっともっと大切なオンリーワンを感じざるを得ません。

 

とかなんとかおじ様と世間話をしてるうちに夜が明けだす。
4時過ぎころ。

f:id:go_fishing2017:20170530130000j:plain


この日も釣り人ビッッシリ!
おじ様が「平日なのに凄い人だ。ヒラマサ効果だな」と。


まだかなり薄暗いけど、、

 

釣り開始🐆
すると、、

 

f:id:go_fishing2017:20170530130131j:plain

イワシ。
ジグに食ってきます。
そして2投目もイワシがくる。。

 

ここれは!
おじ様の言葉が過り、期待値マックスむらいムラムラ。

 

そして、、!

f:id:go_fishing2017:20170530130312j:plain

びょ~ん

 

f:id:go_fishing2017:20170530130450j:plain

びょびょ~ん

 

デカサバが2匹。

 

やたーーー!!!サバサバ~と思ってサバ折りとかをちゃっちゃとカマしていると、
それを見て釣れると思ったのだろうか、今しがた来た若者3人組がおれの場所に入って投げようとしている!
おぉぅ兄ちゃんたち気持ちは分かるがそんなイスラエルみたいな思考は止めたまえガビ~~んおれの中のリトル羽生結弦君が出てきて「そりゃねーだろ!お前!!」と言うかなぁ言うまいかなぁとモジモジしてると、、

おじ様が「おい、そんなとこ入れねーぞ!」と一喝!

おぅおじさま!!!!!

 

そしてそのおじ様が、
「デカいのいるよ」と言い海を指す。
その方を見ると明らかに、、
海面がなんというか、、

ワラワラしている!

そしてそこにジグを投げるが無反応。

そしておじ様が今度は右の方を指す。
そっちをみると、、

 

ハーフパンツの若者が明らかにサバではない何かをヒットしている!!!

竿のバットの辺りからグイグイと飲まれている。

ぅおぉスゲーのきてんぞマジでハンパナイな。
と完全にファンキーグラマラス の歌詞っぽいのが口から出ていました。

 

こうなるとハーフパンツの若者から目が離せない。
がんばれハーフパンツ!と念を送る。

が、
バチン!!!!!

 

すごい音。。
ラインブレイクか。。

天を仰ぐハーフパンツ。。。

 

やはり、
なにかデカい魚がいたのは間違いなさそうでした。

そして、
無常にも釣れない時間がおとずれ、、
結構がんばって9時ぐらいまでやりましたが誰も何も釣れていませんでした。

この日釣れたのは4時半から5時過ぎぐらいの30分くらいの間だけ。

 

そうしていると、

おそらく西湘聖典こと内田ブログの主様っぽい方が表れました。

海岸を掃除しながら常連っぽい方と話しております。

俺の近くに来た時に喋りけちゃいました。

 

内田様はやさしそうなおじ様で素晴らしかったです。

「今日はヒラマサはダメでしたね~。
まぁさすがに3日連続は奇跡というか。。
そう甘くはないですよヒラマサは」

と仰っていました。

 

(が、この日のブログを見るとヒラマサを上げている方がいたようです!国府津の奇跡爆誕🗿🗿🗿)

 

そして
「お~今日サバ2本は良い方ですよ。良かったですね」とありがたいお言葉も頂きました。ううれしい。

本日のおさかな。

f:id:go_fishing2017:20170530132644j:plain


サバの顔って最高に良いですよね今日のは特に目が良いそしてサバの目は無垢な巨人の目にそっくりだと感じざるを得ません。
進撃の巨人シーズン2が面白過ぎて生きるのが楽しいです。
いつかおれも変身しながら「このうらぎぃりぃもんがぁぁぁぁあああyeeeaahhhhHHHh」とか言いながらライナー風の男をぶん殴りたいです。

 

サバは2日寝かしたのが一番美味しかった~~

f:id:go_fishing2017:20170530132857j:plain