ふれーゆ裏で釣れたシーバス。食べてみた!🐧

Tです。

前回、ふれーゆ裏にて釣れたこのシーバス。

f:id:go_fishing2017:20170827003925j:plain

 

 


コイツ、、

めちゃめちゃ食べたい☆彡

おれの心はときめきました。

 


しかしながら、

 


ふれーゆ裏は横浜のバリバリの工業港に位置しています。
もうバリバリです。🎅

 

ので、

ネットの情報によると、あそこらへんで釣れたシーバスは、、

 

油くせぇ~~

食えたもんじゃねぇええ

寄生虫まみれ

Shit同然。

 

と言った声が大多数でございます~

われわれの目視でも水質がかなりダーティなのは当然分かりました。

 

 

果たして食えるのだろうか。。!??

 

激しいトキメキを持って帰宅。🐪

 

 

 

そして帰宅後、

まずしたことは、

「スズキ 寄生虫」でググり、、ヤバい写真をい~~~っぱい見て、、

免疫力を高めました。

これでだいじょうぶ。

 

 


そして、、

f:id:go_fishing2017:20170827004535j:plain

なんてイケてる顔なんだ。。🐨

なんて曇りなき眼なんだ。。🐨

 

 

そしてそして、
魚体が全く臭くない!!!!!

 

 マジ卍ノースメルです。

 

ちなみに釣り上げた際に使った網もぜんぜん臭くなかったです。


これぐらいの魚体になると江ノ島西プロで釣れるボラとかマゴチとかはかなり臭いしメジナに至ってはフェスの便所みたいな臭いがします。

 


しかしこれは、、

なんというかうっすらと上質?な魚の匂いがします。

 

 
で、

いよいよ捌く。

 

大量の寄生虫がきてもテンションが落ちないように、、
片岡鶴太郎氏が内蔵を剥がす時の音と スターボーイを交互に聞いてテンションを全開MAXにしておく。

 

 

いよいよ、、

 

 


オープン!

 

 

 

f:id:go_fishing2017:20170827004814j:plain

ば~ん。

 

 

 

f:id:go_fishing2017:20170827005122j:plain


キレイです。🐧

もちろん全く臭くない。🐧

 

 

もうここまできたら

江戸前の高級食材と言っていい。

 

 

 


そして、

f:id:go_fishing2017:20170827005523j:plain


丸セイゴをサルベージ。
こいつをまた使おう。

 

 

しかし、、
餌のコアジちゃんは一体どこに行ったのだろうか。。🐫
ミッシングリンクを感じざるを得ません。

 

 

 


で、

料理。

 

 

 

f:id:go_fishing2017:20170827010019j:plain
刺身。
塩焼き。

 

 

 

 

f:id:go_fishing2017:20170827010118j:plain

塩焼きの溢れ出るアプラ。。🐂
最高。。。🐖

 


ちなみに自分は幼少期から刺身がニガテで今もそこまで得意ではないのですが、、

 


この刺身は、、、

 


マジ卍チョーーーうめぇええええeeeEEEEE☆彡🐣


マジ卍っす。

 

美味すぎて初めてケンタッキーを食べたときの事を思い出しました。

 

 


そしてすぐに、

f:id:go_fishing2017:20170827010433j:plain
ぺろり。

 

 

 

いや~~~
ふれーゆ裏で釣ったスズキ。

至福極まれりでございました。🐔